ガルチェン協会

 私が働けなくなったのでアドラー心理学も佛教も妻がすべてを演出してくれるようになった。その妻は今のところ、3月19日から22日に京都で行なわれる「阿弥陀仏法会 Amidewa Retreat」に力を入れている。ドルズィン・リンポチェは15日に来日され、22日まで京都におられ、灌頂や瞑想講座もしていただく。もちろん私も参加させていただくつもりでいる。

 阿弥陀仏は日本では浄土宗や浄土真宗の人々がとりあげて熱心に信仰しておられるが、他の宗派ではそんなに注目されない。しかしこれは日本の特殊事情で、中国でもチベットでも阿弥陀仏を他の佛と切りはなして信仰する筋合いはない。とくにチベット仏教について言うなら、阿弥陀仏とその他の佛を別々に考えることがあまりない。もうすこし狭く、私が信仰する「カギュー派」について言うなら、阿弥陀仏イコール法身佛(抽象的な唯一者としての佛)、観音菩薩イコール報身佛(人々が具体的な信仰対象とする佛)、ターラー菩薩イコール応身佛(われわれの世界に生まれてくださる佛)として信仰している。じゃあその3者は別々の人かというと、そういうわけでもなくて、時と場合によってさまざまの「あらわれ」をなさるのだと認識している。このあたりはややこしい議論があるのだけれど、そんなのは放っておいてかまわないので、「阿弥陀さまを信仰すると、同時に観音さまもターラーさまも信仰したことになるんだって」と理解してくださって、いっこうにかまわない。

 阿弥陀仏観音菩薩も日本では広く受け入れられているが、ターラー菩薩はそれほどでもない。しかしチベットではきわめて人気のある仏さまだ。珍しいのは、ターラー菩薩はただひとりの「女性」の仏さまであることだ。だから女性信者はターラー菩薩に惹かれる人が多い。男性信者だってターラー菩薩を信じてどうということはないので、信者率(なんだ、そりゃあ)はけっこう高い。われわれが企画している「阿弥陀仏法会」は、阿弥陀仏だけでなくて、観音菩薩もターラー菩薩も信仰するし、みんなで「阿弥陀仏大パーティ」を行なおうというような企画だ。

 具体的に言うと、法身佛である阿弥陀さまだけではなくて、観音さまやターラーさまにも同時にお参りをする。いわば「手びろく商い」をさせていただくわけだ。チベット仏教を修行していると言いつつ、実は阿弥陀仏法会だけしか熱心にやっていない人がけっこういるように思う。かく申す私もそのうちのひとりだ。だから、「なにかひとつチベット仏教を」と思われるなら、たしかに妻の言うように、阿弥陀仏法会は「お買い得」かもしれない。お問合せは、http://garchen.sakura.ne.jp まで。お待ちしています。l

妻の誕生日

 実は今日は妻の誕生日だ。昭和○○年1月23日に生まれている。今年で何歳になるのかはヒミツ。うんと若く見せている。

 ところがですね、私は妻の誕生日をすっかり忘れていた。昨日言われて、「おお、いかん!」とびっくりした。私が元気だった時代には、この日にそれなりに「贈り物」をしていた気がするんだけど(どうも記憶がはっきりしない)今年はなにしろ忘れていたし、たとえ覚えていても買いに出れなかった。金銭で「代替」すればいいじゃないかとおっしゃるかもしれないが、この日ばかりは金銭で誤魔化したくない。だから「借り」にしておいて、しかるべき時期になったころに「ひそかに」買いに出て、そっと置いておくかな。

 私の実家では、誕生日はそんなに大きなお祝いはしなかったように思う。夕食に「好み」の食べ物を注文できるくらいかな。私は鶏のステーキを注文することが多かったように思う。お金や品物などの「お祝いもの」はもらわなかった気がするな。結婚してからお祝いの品を交換するようになったが、まあこれはこれでいいだろうという程度のことで続けてきた。

 ともあれ、「妻のすばらしさ」を思い浮かべて、そのうちそれに感謝することにする。具体的な「贈り物」はもうすこし日がたって私が動けるようになってからね。

楽譜を入力する(2)

 相変わらず楽譜をパソコンに入力している。いまは日本のすこし古い時代の童謡を入力している。たとえば「夏は来ぬ」(卯の花の匂う垣根に)「故郷」(うさぎ追いしかの山)「港」(空も港も夜は晴れて)「紅葉」(秋の夕日に)「春が来た」(春が来た)「春の小川」(春の小川は)「冬景色」(さ霧消ゆる湊江の)「この道」(この道はいつか来た道)「浜辺の歌」(あした浜辺をさまよえば)などだ。ピアノ譜を入力すると鳴らしてくれるので、それに合せて歌うわけだ。旋律は単純だが、歌詞は、つっこむとけっこう面倒かもしれない。今どきの歌とは違いまして、文語の歌詞がついている。それとは別に、シューベルトの歌曲集が3冊、イタリア歌曲集が2冊ある。ともあれしばらくは日本の童謡を入力するだろうと思っている。

 今日は病院に行って検査を受けなければならなかった。3ヶ月に一度、病院へ行く。1月3日に「顛倒」して、それから安静にしていて、自宅から外出するのは20日ぶりくらいだ。けれどまあ、病院に行かないわけにはいかない。しょうがないので、タクシーを呼んだ。だいたい40分くらいかかる。「歩けないのではないか」と思っていたが、そうでもなくて、以前よりはゆっくりだが、ちゃんと歩くことはできた。頭蓋骨内部の核磁気共鳴(かな)と、血液検査を受けて、検査は終わり。昼食をいただいてから診察を受けた。脳のレントゲンを見たところでは再発はなく、3ヶ月間の「執行猶予」がかかった。まあ、いつかある日、「あらら、再発しましたね」と言われて、私の寿命は終わりになる。だから、命のあるあいだは、歌を歌ったり、もし元気なら、滋賀県下の名所を訪問したりして暮らすのであろう。

楽譜を入力する

 シューベルトの歌曲をパソコンに入力している。これまでに『至福 Seligkeit』とか『恋人の近く Naehe des Geliebten』とか『春の想い Fruhlingsglaube』とかを準備した。もう1~2曲準備したらシューベルトは終りかな。イタリア歌曲集を以前に準備したことがあるので、両方合せると2回くらい演奏会ができるかも。友だちが遊びに来たときの余興にしよう。

 しかし、楽譜を入力して伴奏を演奏させるソフトがやたら面倒だ。むかしはこんなに面倒だと思わなかったんだけどなあ。なぜこんなに面倒になったのか考えてみたら、あたりまえのことだが、私の能力が落ちているんだ。それでもまあなんとかやりくりしている。能力がもっと落ちて自力でやりくりができなくなったら、あきらめるかな。老人の楽しみだから、いつか終りが来るわね。

演奏会

 声楽曲のレパートリーを増やすことにした。『シューベルト歌曲選集』全3巻などをもっているが、ただの紙に印刷された楽譜だから、音は出ない。それを歌って音にするわけだけれど、「伴奏までちゃんとつけて」ということになると、けっこう面倒くさい。そこで「横道」を使うことになる。パソコンのソフトを使って、たとえば「菩提樹」だの「子守歌」だのというファイルを作る。これは一見「譜面」に見えるけれど、実は演奏もしてくれる「おりこうソフト」だ。そうして、パソコンでその譜面を演奏しながら、あれこれ工夫を加える。

 昨日、アドラー心理学の後輩が二人遊びに来た。ちょうどいい機会だから、パソコン化した「譜面」を演奏しながら5曲歌わせてもらった。あらかじめ予告していたわけではないので、ひどくびっくりさせてしまったように思う。歌ったのは日本の曲ばかりで、「お母さん おぼえていますか」「冬の夜」「琵琶湖周航の歌」「叱られて」「この道」だった。大成功というところまではいかなかったが、まあまあ許される範囲内の演奏になったのではあるまいか。

 昨日は日本の歌ばかりだったが、西洋の歌もあるんですよ。そのうち機会を見つけてそれも演奏しよう。

事故(2)

 3日に身体が故障して、それからずっとくすぶっていた。数日は寝込んでしまい、それからゆるゆると起き出した。外出もできないし、何もすることがないので、歌を歌っていた。朝から晩まで歌を歌う。それに飽きると、むかし書いた論文を再出版するので校正刷りを見直す。それに飽きるとまた歌を歌う。それに飽きると論文の校正をする。そうして朝から晩まですごす。外に出るのは郵便物を取りに行くときくらいだ。それ以上遠くへ出かけると、脚が歩くのをいやがる。

 こうしているうちに、右脚の調子が悪くなってきた。歩くのにすこし不自由がある。今週に入ったころは右脚に不安があり、膏薬を貼り始めた。それまでも幾分かの痛さはあったんだけれど、場所がはっきりしなかった。今週に入ってからは右脚のつけ根の部分に痛みが集中してきた。もっとも、集中といっても、はっきりと境界があるわけでもない。ただ右脚のつけ根の部分が、他とは違って、「病んで」いる感じだ。痛みはいつもあるわけではない。むしろ、ある特定の部位にしたときだけはっきりとあって、そうでないときにはあまり痛まない。

 ともあれ今日は膏薬治療の4日目だ。さて効いているんだろうか。まあ治療しないよりマシかなという感じでしかない。もうちょっと経過を観察する。

台湾総統選

 台湾の大統領選挙で蔡英文氏が勝利した。外国から見ていると「まあ当然だろう」と思うのだが、内部で見ているとそうでもないのかもしれない。あるいは逆に、まったくそのように見えたのかもしれない。なにはともあれおめでとうございます。私個人は大喜びだ。

 しかし、安倍総理大臣ないし自民党の「及び腰」が気になるなあ。日本政府はいったい何をそんなに気にしているんだろう。そこまで中国に気を使って生きないといけないのかねえ。