国の中継ぎ

 一昨日「国のはじまり」という題名で、史書に書かれている日本の国のはじまりについて書いた。中身はもちろん神話・伝承のたぐいで、考古学的な事実ではない。しかし、事実にもとづいていないことがあきらかな神話・伝承のたぐいをわざわざ大切に伝えてきたのは、事実以上に大切な側面もあるからだ。それは、ちょっと保守的に聞こえるかもしれないけれど、「日本人のたましい」というものだ。

 今日は「国のおわり」を書こうかなと思ったが、まだ終わっていないので書けない。そこで、竹田恒泰『中学歴史』(令和書籍)の最後の項目「震災と世界のなかの日本」から引用する。

  平成七年(1995)は阪神・淡路大震災、そして平成二十三年(2011)には東日本大震災が起きました。東日本大震災は、関東から東北にかけて巨大津波が襲ったため、死者・行方不明者は二万人近くになりました。また福島第一原子力発電所が事故を起して広い範囲に高濃度の放射性物質が拡散されたため、長期にわたる避難生活を余儀なくされている人が大勢います。

  しかし、東北で厳しい状況にいながらも、助け合いながら秩序だって行動する人々の姿は、世界の人々に感動を与えたそうです。世界の常識では、大災害になると無秩序になり、略奪や暴動が相次ぐものですから、日本の被災者の様子は世界の注目を集めました。

 さいわい日本は滅びず、いまも元気に生き残っている。滅びそうな気はあまりしないので、きっとこれからも生き残っていくだろう。どのようにして生き残っていくかというと、竹田氏の教科書では、古い歴史を重んじつつ生き残っていく、ということだ。明治以来今日までの150年間を思い浮かべても、政治や経済について改革すべきものは次々と改革しつつ、しかも必要があれば古い制度を残してきた。竹田氏のご意見は、全体としてすこし急ぎすぎではないかということらしいし、私もそうかもしれないと思わないでもない。この『中学歴史』の教科書がそういう雰囲気を漂わせていて、それが私にとっては心地よい。一方にこういう教科書があって、一方に「過激派」の教科書もあって、国民がその中から自分たちの未来を選びとっていくということなんだろうな。どうかいまの教科書よりは一歩進んだ(「遅れた」かもしれない)教科書が学校で公式採用されるようになればいいと思っている。

中休みしかないな

 先日の「日本アドラー心理学会中国地方会」の件だけれど、私個人としてはこれ以上介入するのをやめることにした。他の理事やお世話人がどうなさるかは、私は決めることができない。だから、学会内部ではもうすこしモメるのかもしれないし、このあたりで休憩にするのかもしれない。私の意見は後者で、「手は引かないけれど、積極的な関与はやめたら」ということだ。とにかく手を引いて、次のできごとが起こるのを待つ。いつのことかわからないけれど、根気よく待っておれば、かならず「よいきざし」があるだろう。

国のはじまり

 日本アドラー心理学会の問題については、ちゃんとした資料が手に入っていないので、断定的なことはなにも言えない。だからしばらくは黙ることにする。

 かわりに日本国の歴史について書いてみる。竹田恒泰氏が書かれた『中学歴史』という本を手に入れた。本文の書き出しは32ページじゃないかな。「日本列島の誕生」という題名で、次のような記事が書かれている。

  この世の初めに高天原に成った神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)でした。しかし、この神はすぐに姿をお隠しになりました。その後、まもなく高御産巣日神(たかみむすびのかみ)と神産巣日神(かみむすびのかみ)が成りましたが、同じようにすぐに姿をお隠しになりました。

  (中略)その後、国之常立神(くにのとこたちのかみ)と豊雲野神(とよくもののかみ)が成り、姿をお隠しになりました。そして次に初めて男神(おがみ)と女神(めがみ)が成ります。宇比地邇神(うひじにのかみ)と妻の須比智邇神(すひぢにのかみ)を始め、五対の神が成りました。そのうち、最後に成ったのが伊弉那技神(いざなぎのかみ)と妻の伊弉那美神(いざなみのかみ)です。

 これが日本国の創世記だ。なんだかわけのわかわらない泥沼のような土地に次々と神々が生まれては消えてゆく。やがて男女の神ができて、はじめて神と神のあいだの子供が作られる。そうして神々の系譜がはじまる。やがて伊弉那技神の子孫は「たかまがはら」とよばれる天上世界を去って、地上に下って日本国を作られる。

 まあ、訳のわからん話だといえばまったくそのとおりなのだが、『中学歴史』という本は公的な中学校の歴史教科書をめざして書かれているので、「神々の側」の歴史とは独立に「人間の側」の歴史も書かれていて、その両者が微妙にぶつかりあうところに味がある。私を含めた多くの読者は、皇室の子孫ではなくて人間の子孫だから、勝手に「人間の側」に立ってこの本を読む。

中国地方会(3)

 中国地方会についてはまだ考慮中。現地からの反応がないので、私としても動きようがない。私の個人的意見はともかくとして、地方会としての意見は、発表者の発表内容は、1)「学会の伝統的解釈にもとづいている」か、2)「学会の伝統的解釈に反している」かのどちらかなんだけれど、どうもはっきりしない。ワークの司会をしたグループは「学会の伝統的解釈にもとづいている」と主張していたけれど、それでいいのかねえ。噂によれば、私が帰ってから発表者の意見がすこし変って、「学会の伝統的解釈に反している」部分もありそうな感じだったという。どっちなんだろうね。結局、現地のお世話役たちやベテランたちの印象を「深く」聞いてみるしかない。

中国地方会(2)

 前回が6月8日(土)で、中国地方会に出発する寸前に書いた。その日は鳥取市で泊り、翌日米子市まで行って中国地方会に参加した。地方会の結果は…さあ、どうなんだろう。そもそも記事がちゃんと書けていない。混乱中だ。

 表面的にはきわめて「穏当」に話は進んだ。もともとの予定はそんな「穏やかな」話ではなかったはずなのだが、演者が原稿を前の晩に全面的に書き直して、私の意見に「あわせて」くれた。もっとも、あっているのかあっていないのか、かなり微妙だ。文句をつければいくらでもつけられる。本番では、私はいっさい文句をつけず、楽しい顔をして聞いていた。じゃあ内心はどうだったのかというと、よくわからない。実際、よくわからないのだよ。

 中国地方の「主流派」(つまり「改革派」じゃない側)の意見はどうなんだろう。まだオフィシャルな記録は出て来ていないのだが、出てくるかなあ。ちょっと微妙かもしれないぞ。演者が演題の内容に手を加えて表面上の話を穏やかにした分、「疑念」はいっそう深まっているような気もする。しかし、そこがまだはっきりとことばにできていない気がするんだ。

 もうすこしみんなと話をして、それから私の意見を決めようと思う。いまは徹底体制派から徹底反体制派の、どの位置でも選ぶ気になれば選べると思っているのだが、自分でまだ決心がつかないんだよ。

中国地方会

 今日から山陰地方に出かける。目的は2つあって、第1は米子市で「日本アドラー心理学会中国地方会」を覗きに行くこと、第2は鳥取市で娘の家を訪問することだ。第2の比重は行ってみないとよくわからない。なにしろ小さな子供たちがいて、その機嫌に合せて行動するしかない部分がある。だからそれについては考えない。

 問題は中国地方会だ。中国地方には私と意見の違う人がいる。それがおとなしくしていてくれればいいのに、かえって調子に乗って騒いでいるフシがある。まあ、私自身はそれでもかまわないのだけれど、中国地方の古い弟子たちが怒っている。しかも、その問題が顕在化したのが地方会の寸前になってからなので、問題はかなり先鋭化している。私としては、なるべく先鋭化しないように、「まあまあ、そう肩肘張らないで」という線で済ませたいのだが、私と同じようには思っていなくて、一気に決着をつけようという人たちもいる。

 地方会に参加を表明した時点ではそういう過激な動きは探知しておらず、のんびりと出かけていって、人々と「やあやあ」をして帰ってこようと思っていたのだが、そううまくいくかどうかわからない。とにかく論争はしないで、おとなしく参加して返ってくる予定だ。どうかうまくいきますように。

天皇と歌の流派

 光厳上皇(1313年ー1364年)について書いた。伝記を見ると、尊敬するしかない人物なのだが、どういうわけか有名ではない。まあ、時代を考えると当然なのかもしれない。2016年に光厳上皇を主人公のひとりにする時代小説を書いたことがある。上皇の伝記をそのままにたどったものではなくて、たくさんの幻想を交えたものだが、私のなかにしっかりとした天皇像ができた。その続きというわけでもないが、光厳上皇のことをもうすこし触れる。

 お生まれになったのは鎌倉時代の末期で、この時代には持明院統大覚寺統から交互に天皇を立てていた(両統迭立)。後醍醐天皇大覚寺統天皇であったが、幕府の取り決めに反して自分の皇子を皇太子に立てていた。ところが、息子が亡くなってしまったため、光厳院が皇太子に立てられた。

 元弘元年(1331年)、大覚寺統の後醍醐は失脚し、持明院統光厳院が即位された。幕府は後醍醐を隠岐の島に流した。元弘3年(1333年)、後醍醐に味方する足利高氏の軍が京都を襲撃、北条一族の執権は京都を脱出して鎌倉に向かおうとした。そのとき、光厳天皇後伏見上皇花園上皇の3人も北条氏に連れられて東国に逃れようとした。しかし、佐々木道誉に道を阻まれて北条氏の一族432人は自決し、光厳天皇は両上皇とともに捕らえられて、三種の神器を没収されて京都に戻された。

 同じ頃、関東では鎌倉幕府新田義貞の攻撃をうけて滅亡した。後醍醐は帰京して建武の新政を開始した。5月25日に光厳天皇は廃立された。帝位におられたのは2年間にすぎない。しかも光厳院は後醍醐によって「朕の皇太子の地位を退き、皇位には就かなかったが、特に上皇の待遇を与える」として即位そのものを否定されてしまった。

 後醍醐天皇を中心として足利氏などを補佐とする建武新政はほどなくゆきづまり、新田義貞足利高氏を討伐することになる。高氏は義貞に敗れて九州に逃がれるが、光厳院が高氏を補佐し、高氏は上京して光厳院の弟の豊仁親王光明天皇として即位された。後醍醐院はこれに反発して吉野で天皇家を起された。このとき北朝(京都におられた光厳院や光明天応の血筋)と南朝(吉野におられた後醍醐天皇の系統)が分流する。ああ、ややこしい。

 後醍醐院は暦応2年(南朝延元4年、1339年)に吉野で崩じたが、そのころには後醍醐院の主だった武将も相次いで戦死しており、南北朝の初期段階で早くも大勢が決した観があった。ただ、二人の天皇が並び立ち、互いに相手を偽主と呼ばわる状況だった。

 正平3年(1348年)に光厳院の第一皇子である崇光天皇が即位し、光厳院は治天として引き続き院政を行った。この間ほとんど逼塞状態にあった南朝方だったが、幕府内の対立が観応の擾乱に発展すると息を吹き返す。正平6年(1351年)将軍足利高氏は優位に立つべく南朝後村上天皇に帰順し、崇光院は天皇を廃され、直仁は皇太子を廃されて北朝は廃止された(正平一統)。後醍醐から偽物と言われた神器も南朝側に接収された。正平7年(1352年)、京都を奪回した南軍は、光厳・光明・崇光の三上皇廃太子直仁親王を拘禁する。その後一統が破れると、撤退する南軍によって三上皇と直仁は山城国男山(京都府八幡市)、さらに南朝本拠地である大和国賀名生(奈良県五條市)に拉致された。

 かねてより夢窓疎石に帰依していた光厳院だったが、賀名生で出家し、法名を勝光智と称した(後に光智に改める)。三上皇と直仁は正平9年(1354年)に河内金剛寺に移され、塔頭観蔵院を行宮とされた。

 南朝の軟禁下にあること5年、正平12年(1357年)になって崇光上皇直仁親王と共に金剛寺より還京し、深草金剛寿院に入り、ついで嵯峨小倉に隠棲された。世俗を断って禅宗に深く帰依し、春屋妙葩らに師事した。これ以後、丹波山国荘の常照皇寺(京都府京都市右京区京北井戸町)で禅僧としての勤めに精進し、正平19年(1364年)、この地で崩御された。享年54歳。河内金剛院に入られてから10年、即位以後だと26年になる。光厳は歌道にも優れ、後期京極派の重要な一員である。花園院の指導のもと『風雅和歌集』を親撰し、『光厳院御集』も伝存する。

 光厳院や『玉葉集』・『風雅集』の歌人たちは、歴史の中で名前が触れられることはあったが、作品が鑑賞されることは少なかった。脚光を浴びたのは折口信夫一門が取り上げてからだ。私もその影響で彼らの歌を好んで詠んでいる。